人気ブログランキング |

カオサンの乗客たち


吹雪の翌日は朝から快晴で青空が広がっていた。
結局、24時間遅れでエアインディアは我々を乗せてバンコクへ飛び立った。

飛行機の中では遅れた分をビールで取り返してやろうとガブガブ呑んだが、
同じ考えのおっさんが前に座っており、ワインのミニボトルを水の様に
流し込んでいた。
挙句の果てに赤ワインと白ワインを交互に呑み始め、何ワインかわからない状態に
なっている。

バンコクに着くとさっそくカオサンに向かい、落ち着いた雰囲気の通称「寺ウラ」の
通りにある宿に運良くチェックイン出来た。

その日の内にボンベイ行きのチケットを手に入れたかったので、いつもはまず
ビアシンを飲んで喉を潤すのだが、宿に荷物を置くとそのままカオサンにある
旅行代理店へ向ったのだ。
e0057760_921397.jpg

幸いにもボンベイ行きの便は毎日飛んでおり、翌々日のチケットが15000バーツ
(約45000円)で手に入れられた。

ネパールのカトマンズ行きの時の様に数日待たなければいけないのかと覚悟を
していたが、以外と簡単に手に入ってしまい少々拍子抜けしたのだが、これで
何も気にせず明後日の出発までビール三昧の時間が過ごせると安心した。

翌日、宿の食堂で朝食をとりながら本を読んでいると、

「あれ?もしかしてtk-cafeさんじゃないの?」

と不意に女の子に声をかけられた。

顔を見ると3年前にインドシナ半島1周の旅した時にカオサンで知り合った
hanaちゃんと言う女の子だった。
彼女はチェンマイで彼氏(タイ人)の家に同居それにしながらバイヤーの
仕事をしていて、バンコクに仕事に来ていたら僕を見かけたらしい。

それにしてもよく顔を覚えていたものだと関心する。

e0057760_9482432.jpg


カオサンロードは一つの乗り物のようにすら思え、そして何か見えない
チカラが働いているのではないのだろうか。

そんな気がする。
by tk-cafe | 2006-12-18 10:05 | 南インド・マレー半島の旅 | Comments(8)
Commented by きち at 2006-12-18 12:12 x
バイヤーのはなちゃん、僕もカオサンでお会いしたことがあります!風を切るように歩いて、雑貨屋さんに置く品物を見定めて、交渉している小さなかわいらしい女のかたですよね?(別人だったらごめんなさい。)
tk-cafeさんのブログを読まさせていただくと、バックパックひとつですぐに旅立ちたくなってしまいます。仕事の帰りにビアチャン買ってかえろう・・・
Commented by tk-cafe at 2006-12-19 09:22
>きちさん
特徴からして恐らく同じ人物だと思います。彼女はタイでは有名な人なのかも知れませんね(笑)きちさんも相変わらず日本中をバイクで走り回ってるようですね。二厘免許を持っていない僕には到底真似出来ない旅です。ビアシンとビアチャン、経済的に考えると現地ではビアチャンに軍配が上がりますね!
Commented by st-rose at 2006-12-19 22:56
タイはまだ行ったことない国です。
いとこが住んでるらしいので、いるうちに行ってみようとは思ってます。
tk-cafeさんのような旅上級者になると、
同じような人と顔見知りになったりするんですね。
なんかうらやましい・・・
しかし、3年前に会った人と再会するとはカオサンパワーですか??

ちなみに私の先月行った旅は一週間でした・・・(´Д`)
あ~また旅に出たくなります。。。
Commented by tk-cafe at 2006-12-20 08:42
>st-roseさん
タイはちゃんと気持ちを引き締めて行けば非常に旅しやすい国だと思うのでお勧めします。ちなみにわたくしは旅の上級者なんかではございません!未だに初心者です。
カオサンはアジアの旅のスタート地点のようなものなので出会う確率が高いと言うのはありますね。旅は1週間でも1ヶ月でも本人次第ですよ。長い短いで価値が決まるとは僕は思ってないです。まぁ長いに越した事は無いんですけどね。。
Commented by Eri at 2006-12-20 22:26 x
カオサンは色んな国の人がいて熱気に満ち溢れていますよね。
私はまだ旅先で再会をしたことが無いので、うらやましいです。
あ~!!って言って街で再開するのが夢です1^^
Commented by tk-cafe at 2006-12-22 08:48
>Eriさん
バックパッカーな旅をしてる人達に関しては、一番再会率が高いのはカオサンの様な気がしますね。砂漠の真ん中とか辺鄙な街や村で再会したならそれは運命としか言えないでしょう(笑)
Commented by すず at 2006-12-23 09:59 x
毎回、いろんな旅の思い出羨ましいです。
異国で偶然知ってる人に出会ったら私なら運命感じちゃいます。
運命なんでしょう。
SADAMEなんでしょう。
のだめ?
ゆうてへん、ゆうてへん!
Commented by tk-cafe at 2006-12-23 17:17
>すずさん
所詮世界は狭いと言う事ですね。
すずさんも是非旅に出てください。旅のBGMには井上陽水の「積み荷の無い船」がお勧めです。「人生が2度あれば」もお勧めです。


旅や日常(酒)


by tk-cafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
プロフィール
インドシナ半島の旅
ネパールの旅
南インド・マレー半島の旅
チュニジア・サハラへの旅
台湾的小旅
革命の国・キューバ
タイ・パンガン島の日々
南米三ヵ国の旅
アジア
吉祥寺
国内の旅
沖縄・八重山諸島
日々のできごと
石垣島での日々
料理
映画
アウトドア
自転車

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
旅の記憶 - trave...
非天然色東京画
旅とパンのスロウな日々
ゆっくりFrogライフ ...
旅する家職人
ばーさんがじーさんに作る食卓
アジアびと in Sin...
アジアⅩのブログ
kaz-traveltr...
枇杷茶房寫眞帳
安曇野カンポンLIFE 
ひるねやの日々
Rio Despacio
旅。 ときどき猫。
day's photo.
A Bell Will ...
旅空日記(写真家・三井昌...
牟礼村から
だまされたっていいんだよ
LOOTONE
気ままに、ちょっと我がま...
GUGU blog
人間について考える人達
台中滞在日記
旅を撮る
h u m m i n ...

ライフログ


永遠の0 (講談社文庫)


日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ


ベトナム戦記 (朝日文庫)


サイゴンから来た妻と娘


ワイルドサイドを歩け


深夜特急〈1〉香港・マカオ


地球はグラスのふちを回る (新潮文庫)


新日本人に訊け!


勝手に生きろ! (河出文庫 フ 3-5)


ゲバラ日記


ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)


ニュートラル(10) NEUTRAL 美しき十字路、中米カリブ


オーパ! (集英社文庫 122-A)


coyote(コヨーテ)No.8 特集・沢木耕太郎「深夜特急ノート」旅がはじまる時


アジア旅人


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)


加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)


スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ


トレインスポッティング 特別編


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ


リトル・ミス・サンシャイン [DVD]


パルプ・フィクション


ディナーラッシュ


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Original Sounds of the Zion


STARS


Good Times


Sing A Song...Lighter!


Pieces


HEART STATION

ブログパーツ

www.flickr.com
Row_Hikata's items Go to Row_Hikata's photostream

記事ランキング

以前の記事

2016年 04月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

検索

その他のジャンル

画像一覧