人気ブログランキング |

バスの上から


珍しく定刻通りに発車したバスはダサイン中にもかかわらず満席だった。

早めに乗り込んだおかげで席にありつけた僕は、
ネパールのローカルバスに初めて乗ったのでうれしくてキョロキョロしていた。
酔っ払った若者にからかわれたり(ムカついて怒鳴り返したが)
しながらバスはバイラワまでの中継点であるブトワルに着いた。

リクシャーと呼ばれる人力車が多く客待ちをしている。
e0057760_19432888.jpg

ここでバイラワ行きのバスに乗り換えるんだと運転手に
教えてもらいバスを探すと、いつものように客引きをしているバスがある。

バス乗務員「バイラワバイラワバイラワバイラワバイラワー!!」
僕「バイラワバイラワバイラワバイラワ!?」

運賃を確かめてバスの中に入ろうかと思うと、肩を掴まれた。
何かと思い乗務員を見ると首を振って指で上を指している。

要するにアンタはバスの中じゃ無く上に乗ってくれという事だった。
ビックリして僕はなんで?一応旅行者なんですけど?という様な顔を
したが薦められるままに後ろに着いてあるはしごから上に登った。
e0057760_19234887.jpg

最初はなんで上やねん、とすねていたが走り出して行く内に
気持ちが変わってきた。

異国のローカルバスの上に乗って、国境近くの街まで地元のネパール人や
インド人達と一緒に南下して行く経験なんて中々出来ないのでは?と思えてきた。

バスの乗務員はもしかしたら彼なりの観光コースを
考えてくれたのかも知れない。

バスは延々と真っ直ぐな道を進む。

シートなんて無いので途中から尻が痛くなって
来たが大して気にならなかった。
 
途中ダサインの祭りと思われるパレードと何回か遭遇した。

日本で言う神輿のようなもので町内によって神輿が違うように
ドルゥガーを祭っている装飾や大きさに違いがあった。
e0057760_19452550.jpg

1時間半かかるかかからないか位でバイラワに着いて、道端に下ろされた
が市内までどうやって行って良いのかわからない。

ガイドブックの地図を見たら、これでもかという位アバウトな地図が
書いてあるだけだった。
by tk-cafe | 2006-06-02 19:55 | ネパールの旅 | Comments(12)
Commented by のん at 2006-06-02 22:06 x
ものすごい手はえてますが、この神輿の人、誰ですか?
Commented by tk-cafe at 2006-06-02 22:09
>のんさん
この神様がドゥルガーです。シヴァの奥様のパールバディが怒った姿です。めっちゃ強いらしいっすよ。
Commented by のん at 2006-06-03 09:29 x
ほほう。古今東西、奥さんは怖いもんなんやね。。
Commented by tk-cafe at 2006-06-03 10:46
>のんさん
しかし、神話では奥さんの暴走を止めたのも旦那のシヴァだと言う事に
なっています。愛は大事ですねぇ
Commented by KAYO at 2006-06-03 21:31 x
バスの上に乗るなんて素敵ですね~気持ちいいだろうな。。
あたしが行った時もちょうどダサインのときでした★
Commented by ヨシミツ at 2006-06-03 22:35 x
パールバティってシヴァの奥様だったんですね~、いい事知った!
Commented by tk-cafe at 2006-06-04 08:36
>KAYOさん
かなりええ気持ちでしたよ。長距離バスやったらけっこうしんどかったかもしれないですけど1時間ちょいと言う時間が丁度よかったのかもしれません。
Commented by tk-cafe at 2006-06-04 08:36
>ヨシミツさん
そうですよ、サザンアイズって漫画でも描かれてました。
Commented by push-k at 2006-06-05 01:44 x
私は高いところが好きなのでバスの上に乗ってみたいです。上から色んな物が見下ろせるってかなり気持ちよさそう~
面白いのはアバウトな地図、向こうは何でもあきれるぐらいいい加減なのがいいですね
Commented by tk-cafe at 2006-06-05 09:46
>pushさん
道のりは快適そのものでした。現地の言葉で書かれた看板とかが沢山あって、何も読めないんですけど、何かを示しているのを想像するとまたいい感じなんですよ。
アバウトな地図は日本で代表的なガイドブック地○の歩き方です。。
Commented by st...rose at 2006-06-08 23:11
私も断然バスの上がいいっ!です。
雨とか降ってたりしたら厳しいですけど、
パレードも特等席から見られて最高じゃなですか!

バスの乗務員の粋なはからいですかね。
Commented by tk-cafe at 2006-06-09 16:51
>st...roseさん
雨はまったく降る気配を見せないような乾いた空気の中を走って行きました。バスの乗務員は粋なのかただ単に外人を上に乗せたかったのか未だに謎ですけど(笑)


旅や日常(酒)


by tk-cafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
プロフィール
インドシナ半島の旅
ネパールの旅
南インド・マレー半島の旅
チュニジア・サハラへの旅
台湾的小旅
革命の国・キューバ
タイ・パンガン島の日々
南米三ヵ国の旅
アジア
吉祥寺
国内の旅
沖縄・八重山諸島
日々のできごと
石垣島での日々
料理
映画
アウトドア
自転車

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
旅の記憶 - trave...
非天然色東京画
旅とパンのスロウな日々
ゆっくりFrogライフ ...
旅する家職人
ばーさんがじーさんに作る食卓
アジアびと in Sin...
アジアⅩのブログ
kaz-traveltr...
枇杷茶房寫眞帳
安曇野カンポンLIFE 
ひるねやの日々
Rio Despacio
旅。 ときどき猫。
day's photo.
A Bell Will ...
旅空日記(写真家・三井昌...
牟礼村から
だまされたっていいんだよ
LOOTONE
気ままに、ちょっと我がま...
GUGU blog
人間について考える人達
台中滞在日記
旅を撮る
h u m m i n ...

ライフログ


永遠の0 (講談社文庫)


日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ


ベトナム戦記 (朝日文庫)


サイゴンから来た妻と娘


ワイルドサイドを歩け


深夜特急〈1〉香港・マカオ


地球はグラスのふちを回る (新潮文庫)


新日本人に訊け!


勝手に生きろ! (河出文庫 フ 3-5)


ゲバラ日記


ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)


ニュートラル(10) NEUTRAL 美しき十字路、中米カリブ


オーパ! (集英社文庫 122-A)


coyote(コヨーテ)No.8 特集・沢木耕太郎「深夜特急ノート」旅がはじまる時


アジア旅人


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)


加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)


スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ


トレインスポッティング 特別編


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ


リトル・ミス・サンシャイン [DVD]


パルプ・フィクション


ディナーラッシュ


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Original Sounds of the Zion


STARS


Good Times


Sing A Song...Lighter!


Pieces


HEART STATION

ブログパーツ

www.flickr.com
Row_Hikata's items Go to Row_Hikata's photostream

記事ランキング

以前の記事

2016年 04月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

検索

その他のジャンル

画像一覧