<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そうか あかんか

最近生活保護問題がよく取り上げられています。

この問題が取り上げられるずいぶん前に以下の様な記事を読んでいたので
紹介させて下さい。

2006年の話のようです。

ここから↓

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。

介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、 06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」
などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」
と答えた。片桐被告が
「すまんな」
と謝ると、母は
「こっちに来い」
と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、 自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」
という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。


なんともやりきれない事件です。
初めて読んだ時は泣きそうになりました。

こういう事件の裏側では、他所の国から日本の生活保護目当てで外国籍の人間が
移住してきたり、年収何千万も稼ぐ芸能人の親が生活保護を上手く利用してヌクヌクと
生活してたり、給付金で毎日せっせと朝鮮玉入れ(パチンコ)に行ってる様な人間も
たくさんいます。

僕は普通におかしいと思うし、大半の日本人は同じ様におかしいと感じるでしょう。

しかしそうでない考えの人もいます。

「そんなのは生活保護のシステムがおかしいのであって貰えるものは貰えば良い」
「今まで自民党が放ってきたのが悪い」
「許可を出した役所の担当者が悪い」

などと言う人もいます。
つまり「要領が悪く、上手く生活保護をもらえない奴がアホ」だと。

僕はダーウィンの名言を思い出しました。

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である」


この先もこの国で生きていくためには、その時の状況の変化に上手く的確に対応しながら
生きて行かなければならないと言うことでしょう。

日本人の心情は「思いやりや助け合い」だとか、そんなキレイ事や甘い事はもう
言っていられないのでしょうか。

キレイ事や理想論は嫌いな僕ですが、完全に否定するわけではありません。

本当に世知辛い世の中ですね。
[PR]
by tk-cafe | 2012-06-26 23:07 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)

パンガンの夕陽は燃えているか

僕が滞在したバンタイはパンガン島の南西部に位置するビーチ。
トンサラ港からは乗合タクシーで15分くらい。
e0057760_23321152.png


このバンタイビーチはやかましくて騒がしいハードリンビーチとは違って静かで
のんびり過ごせる上に、ジャングルエクスペリエンスやハーフムーンパーティの
会場からも比較的近いので立地的にも良い。

ビーチからはお隣のサムイ島が見える。
サムイ島はダイビングスポットで有名な島である。
e0057760_23441139.jpg


日が暮れるとサイケデリックな夕陽を拝める。
この燃えるような夕陽を見ながらビールを飲むのがもうね。

なんというか。
e0057760_2358882.jpg

来てよかったなと。

つくづく、しみじみ。
[PR]
by tk-cafe | 2012-06-21 23:58 | タイ・パンガン島の日々 | Trackback | Comments(2)

福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)

ネットでとんでもないコピペを見つけましたので紹介したいと思います(´・_・`)

ここから↓

日本の不幸は中国と朝鮮である。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待し てはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)



もうね、さすが日本の1万円札の顔になるだけはありますよ。

120年以上も前にこんな正論というか確信をついていて、先を見通したことを言ってたのに
後世の日本人はなんも生かさなかったのが悔やまれます。

諭吉さんに申し訳がないですなマジで(´;ω;`)
[PR]
by tk-cafe | 2012-06-12 22:16 | 日々のできごと | Comments(0)

トンサラからバンタイへ

フェリーは無事にパンガン島のトンサラ港に到着。

トンサラエリアは港町で安いゲストハウスの多数あるが、パンガン島では狭い
ゲストハウスではなく、ある程度広く快適に過ごしたいので、トンサラから繁華地域
であるハードリンのちょうど中間に位置する静かなバンタイエリアまで向かう。

フェリーでたまたま知り合った日本人男性も一緒にソンテウ(乗り合いタクシー)
を探すことにするのだが、この日本人男性はやたらと文句が多い。
e0057760_23363669.jpg

何をするにしてもいちいち文句を言う。
これはぼったくられてるだの高いだの暑いだの・・・

旅先で一番会いたくないタイプだったのでバンタイに着きソンテウを降りた後は
そのまま一方的に手を振ってサヨナラをした。
宿まで着いて来られたら滞在中延々と文句を聞かされかねん。

文句タレ日本人を巻いた僕は目的の宿に到着。

2006年に訪れた際に利用して居心地が良かったから再び泊まることにする。
日本円で1泊約1500円と言う贅沢な宿。
しかしバンガロータイプでエアコンはないが扇風機がありトイレもシャワーも完備。
e0057760_23345454.jpg

バンコクから合計15時間近くかけて着いたこのバンガローのデッキで早速ビールを
空っぽの胃の中に流しこむ。

これがもうね、最高でね。

道中いくら辛くて大変で気を張りつめていてもこの1杯ですべての苦労が
消え去るくらいにね。

e0057760_23513088.jpg

[PR]
by tk-cafe | 2012-06-10 23:53 | タイ・パンガン島の日々 | Trackback | Comments(0)

旅の記憶 パンガン島へ

台湾のお話は一旦おしまいにします。
期間をあまり空けずに行ってるので上手く話をまとめられなくなってしまいました(汗)

また単発で台湾ネタは書いていこうと思います((´^ω^))


で!前から書こうと思ってたのにずっと書けなかったパンガン島の滞在記を
書いていきます!

パンガンに初めて訪れたのは2006年の1月でした。
2回目は2008年の4月頃。

2006年の旅は既に南インド・マレー半島の旅の中で書いたので2008年の
旅を書きたいと思います。

旅のスタートはもちろんバンコクはカオサンロード。
e0057760_2324832.jpg

現在は夜逃げしたとかでカオサンからなくなってしまったMPツアーでバンコクから
パンガン島までのジョイントチケットを手配。
通称「窃盗天国」の夜行バスでスラタニーまで向かう。

このバスは散々ネットや地◯の歩き方にも「睡眠薬を盛られて金を盗まれる」と
ご丁寧に書きまくられてるにもかかわらず、金を盗まれる日本人がめちゃくちゃ居る
とかなんとか(´・ω・`)
南部行きのバスはとにかく盗難が有名。

なので『警戒心』という名の鎧をまとってバスに乗り込む。
「盗めるもんなら盗んでみろ!いつでも来い!早く来いよ!」
くらいの気持ちでいるべき。

警戒心と心配性の塊である僕は幸いタイ以外の国でも睡眠薬強盗には
遭っていない。

バンコクからスラーターニーまで11時間くらいかかるので長丁場になるけど(´・_・`)

何とかスラーターニーまでたどり着き、次は乗り換えでパンガン島までフェリー。
島へ到着するまで2.3時間かかる。
e0057760_23435210.jpg

船の中は圧倒的に欧米人が多い。

というかタイ南部に行くのは欧米人が多く日本人は北のチェンマイなどへ行く
傾向が強い。

2006年の時は天候に恵まれなかったが今回は最高の天気に恵まれそうだ。
[PR]
by tk-cafe | 2012-06-05 23:50 | タイ・パンガン島の日々 | Trackback | Comments(4)

台湾のコンビニ

台湾に行くと日本でもお馴染みのコンビニエンスストアがたくさんある。

一番目に付くのがセブンイレブンで4,783店舗展開されている。
ついで全家(ファミリーマート)で2,809店舗。
ローソンはまだ見たことがないので出店されていないのだろう。

売っている物は基本日本とそこまで変わらない。
おにぎりや巻き寿司も売っているのでコンビニ内をうろついていると、日本に
いるのではないかと思う時がある。
e0057760_22583152.jpg

で、日本と違うのはどういう部分かというと、コンビニの前にテーブルとイスたまにパラソルが
設置していることだろう。

ここには誰でも気軽に座って良い。
買い物をしてからのんびり食事を楽しんでも構わないのだ。

僕がホテルからコンビニへ酒を買い出しに行ったりすると、その席にカップルや
家族連れが涼みがてら座って雑談をしてたりする。

部屋に戻っても一人なので、空いてる席に僕も座りこんでビールを飲んだりする。
別に話しかけられるわけでもないが、市民の生活に少しだけの時間溶け込んで
いるだけでも面白い。
e0057760_230881.jpg


異国への旅はそんな些細なことでも楽しみに変えられるのである。
[PR]
by tk-cafe | 2012-06-02 23:06 | 台湾的小旅 | Trackback | Comments(4)


旅や日常(酒)


by tk-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
インドシナ半島の旅
ネパールの旅
南インド・マレー半島の旅
チュニジア・サハラへの旅
台湾的小旅
革命の国・キューバ
タイ・パンガン島の日々
南米三ヵ国の旅
アジア
吉祥寺
国内の旅
沖縄・八重山諸島
日々のできごと
石垣島での日々
料理
映画
アウトドア
自転車

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
旅の記憶 - trave...
非天然色東京画
旅とパンのスロウな日々
ゆっくりFrogライフ ...
旅する家職人
ばーさんがじーさんに作る食卓
アジアびと in Sin...
アジアⅩのブログ
kaz-traveltr...
枇杷茶房寫眞帳
安曇野カンポンLIFE 
ひるねやの日々
Rio Despacio
旅。 ときどき猫。
day's photo.
A Bell Will ...
旅空日記(写真家・三井昌...
牟礼村から
だまされたっていいんだよ
LOOTONE
気ままに、ちょっと我がま...
GUGU blog
人間について考える人達
台中滞在日記
旅を撮る
h u m m i n ...

最新のコメント

> あづさん ありがと..
by tk-cafe at 01:15
ご無沙汰しております。 ..
by あづ at 00:43
> はせこさん はじめ..
by tk-cafe at 01:01
はじめまして。 い..
by はせこ at 20:21
> maaro358さん..
by tk-cafe at 18:00
はじめまして。 素..
by maaro358 at 08:50
>サミーさん エエ感じ..
by tk-cafe at 15:24
2,3月と休みを小分けし..
by サミー at 16:19
>travel-arra..
by tk-cafe at 22:27
どこかわかりませんが、寒..
by travel-arrange at 20:26

ライフログ


永遠の0 (講談社文庫)


日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ


ベトナム戦記 (朝日文庫)


サイゴンから来た妻と娘


ワイルドサイドを歩け


深夜特急〈1〉香港・マカオ


地球はグラスのふちを回る (新潮文庫)


新日本人に訊け!


勝手に生きろ! (河出文庫 フ 3-5)


ゲバラ日記


ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)


ニュートラル(10) NEUTRAL 美しき十字路、中米カリブ


オーパ! (集英社文庫 122-A)


coyote(コヨーテ)No.8 特集・沢木耕太郎「深夜特急ノート」旅がはじまる時


アジア旅人


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)


加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)


スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ


トレインスポッティング 特別編


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ


リトル・ミス・サンシャイン [DVD]


パルプ・フィクション


ディナーラッシュ


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Original Sounds of the Zion


STARS


Good Times


Sing A Song...Lighter!


Pieces


HEART STATION

ブログパーツ

www.flickr.com
Row_Hikata's items Go to Row_Hikata's photostream

記事ランキング

以前の記事

2016年 04月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

検索

画像一覧