<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

通学路とモスク

小学生位の子供たちが細い路地の向こう側から歩いてくる。

嬉しそうだし学校帰りかな。

こんな細くて入り組んだ道が通学路だと行き帰りは楽しいだろう。
田んぼ道を帰っていた僕とはエライ違いだ。
e0057760_10353981.jpg

一応地〓の歩き方の地図を見ながらグランドモスクへ向かうがどうも地図が
見にくい、と言うか正しくないような気がする。
細い道が殆ど簡略されているから余計そう感じるのかも。

複雑で入り組んだメディナを地図で書き記すのは難しいに違いない。

同じく地〓の歩き方のモロッコのメディナの地図なんかはヒドイらしく、奥へ奥へ
進んで行くうちに迷い込んでしまって脱出するのに往生したと誰かの旅行記に
書いてあった。
(2010年現在ならGoogle Mapをコピーしておけば一番いいかもん)

そんなこんなで着いた。

お祈りしてる人もチラホラ居てはります。
e0057760_10365831.jpg


寺(礼拝堂)と言う場所は仏教・ヒンドゥー教・イスラム教問わずなんか涼しい。
たぶんキリスト教・ユダヤ教・シーク教などのそういう施設も涼しいような気がする。

カルトな宗教団体の施設は違う意味で涼しいかと('A`)
[PR]
by tk-cafe | 2010-02-27 11:19 | チュニジア・サハラへの旅 | Trackback | Comments(6)

泣けるコピペ

ネットで泣けるコピペを見つけたので貼りつけてみたいと思います。

泣けると言うか思いっきり泣きました(´;ω;`)ブワッ

これ↓


小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。




読み返しても泣けてきます(´;ω;`)ブワッ
[PR]
by tk-cafe | 2010-02-20 14:05 | 日々のできごと | Trackback | Comments(4)

水タバコと男たち

メディナの中を進んで行く。

細くて入り組んだ路地を歩くのはめっちゃ楽しい。
どこの国へ行っても入り組んだ路地の右往左往が好きだ。

アーケードと言うかトンネルみたいな感じの建物の下を通る
とカフェがあり、そこでは昼間から男たちが水タバコを吸って
友人と会話を楽しんだりマッタリしたりしている。

男ばかりで女が居ない。
観光客の女はいるが地元の女性客は皆無と言ってもいい。
e0057760_23243540.jpg


女性が一人でカフェで水たばこを吸うのは一般的ではないのかも。
[PR]
by tk-cafe | 2010-02-17 23:33 | チュニジア・サハラへの旅 | Trackback | Comments(0)

首都チュニス その1

チュニジア2日目、昨晩降っていた雨も止んで良い天気だった。
降っていた気配すらなかった。
乾燥した土地なので乾くのが早いのかもしれない。

チュニジア関連の本やサイト、blogで見ていた通りチュニスの街は青と白の建物が多い。
もう少し詳しく言うと、メディナ(旧市街)は青や白の色調の建物やイスラム色が強く、新市街は
ヨーロッパ(フランス)の影響を受けている。
元々チュニジアはイスラム国家だったがフランスの植民地になったりなんやらで建築物が
イスラムと西洋とで混ざり合ったらしい。

メディナの入り口であるフランス門を入るとビクトワール広場があり色んな人で溢れている。
観光客もそれなりにいるがそこまで多くはない。
特に東洋人はほとんどいないではないか。
東アジアからは遠いしモロッコほどメジャーな観光地ではないからだろう。
e0057760_1954558.jpg
e0057760_1917598.jpg
ちなみに今回の旅は酒を一切飲まない様にした。

チュニスはワインもビールも出している店はあるのだが、一応イスラム教の国だし
『郷に入っては郷に従え』と言う事にした。

以上の単純な理由でこの国を出るまで酒は飲まないでおこう、と決めたのよ。

だから疲れた時はカフェでミントティーなんかを飲んだりする。
葉っぱを多くぶち込んだミントティーは甘くて美味い。
e0057760_1926924.jpg

腹がへったので再びゲバブを買って広場でベンチに座って喰いながら
人々の往来を眺めた。
[PR]
by tk-cafe | 2010-02-08 19:42 | チュニジア・サハラへの旅 | Trackback | Comments(4)

チュニジアの夜

バタンバタン、と少し心地の良い木枠の窓の開閉する音で目が覚めた。
外は風が強く雨が降っているようだ。
窓から見える空は薄明るいが、それが夕暮れ前なのか夜明け前なのか分からない。


何十時間か前、旅の準備のせいで寝不足のまま成田空港へ向かい
エールフランスに乗り込んだ。
成田からパリまでの飛行時間は約14時間。
機内でシャンパンでも飲んで寝ちまおうと思ったがほとんど一睡も出来ずに
シャルル・ドゴール空港へ到着。
そこから乗り継ぎ便に乗りチュニジアのチュニス・カルタゴ空港へ。

空港を出ると乾いた空気が僕を出迎えてくれた。

タクシーで旧市街まで向かってバックパッカーに人気があるという『オテル・マルハバ』
という安宿に向かった。
料金はダブルで15D、日本円で1320円(1D=約88円 2006年当時)
シングルは埋まっており、ダブルだけだったので少し高いが疲れていたせいもあり
チェックインする事にした。

荷物をおいて街に出ようと思ったが、体が重い。
長距離の移動・睡眠不足・時差ぼけ、さらに痛恨の一撃の聞き慣れないフランス語と
アラビア語で僕のHPはゼロに近かった。

寝間着に着替えると小さなベッドの毛布の中に潜り込み泥のように眠った。
ひたすら眠り続けた。

そして何時間寝たのか分からないが窓の音で目が覚めたのだった。

とにかく腹が減った。
何でもいいから食いに行こう、と時差ぼけでおかしくなった体をベッドから
引きずり出して街へ繰り出した。
e0057760_7433988.jpg

雨は上がっていたので助かった。

ウマそうな匂いを漂わせるゲバブ屋があったのでその店でテイクアウト
して少しマナーが悪いが歩きながら食べた。

この日からサハラ砂漠へ南下する14日間の旅が始まった。
[PR]
by tk-cafe | 2010-02-02 17:53 | チュニジア・サハラへの旅 | Trackback | Comments(4)


旅や日常(酒)


by tk-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
インドシナ半島の旅
ネパールの旅
南インド・マレー半島の旅
チュニジア・サハラへの旅
台湾的小旅
革命の国・キューバ
タイ・パンガン島の日々
南米三ヵ国の旅
アジア
吉祥寺
国内の旅
沖縄・八重山諸島
日々のできごと
石垣島での日々
料理
映画
アウトドア
自転車

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
旅の記憶 - trave...
非天然色東京画
旅とパンのスロウな日々
ゆっくりFrogライフ ...
旅する家職人
ばーさんがじーさんに作る食卓
アジアびと in Sin...
アジアⅩのブログ
kaz-traveltr...
枇杷茶房寫眞帳
安曇野カンポンLIFE 
ひるねやの日々
Rio Despacio
旅。 ときどき猫。
day's photo.
A Bell Will ...
旅空日記(写真家・三井昌...
牟礼村から
だまされたっていいんだよ
LOOTONE
気ままに、ちょっと我がま...
GUGU blog
人間について考える人達
台中滞在日記
旅を撮る
h u m m i n ...

最新のコメント

> あづさん ありがと..
by tk-cafe at 01:15
ご無沙汰しております。 ..
by あづ at 00:43
> はせこさん はじめ..
by tk-cafe at 01:01
はじめまして。 い..
by はせこ at 20:21
> maaro358さん..
by tk-cafe at 18:00
はじめまして。 素..
by maaro358 at 08:50
>サミーさん エエ感じ..
by tk-cafe at 15:24
2,3月と休みを小分けし..
by サミー at 16:19
>travel-arra..
by tk-cafe at 22:27
どこかわかりませんが、寒..
by travel-arrange at 20:26

ライフログ


永遠の0 (講談社文庫)


日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ


ベトナム戦記 (朝日文庫)


サイゴンから来た妻と娘


ワイルドサイドを歩け


深夜特急〈1〉香港・マカオ


地球はグラスのふちを回る (新潮文庫)


新日本人に訊け!


勝手に生きろ! (河出文庫 フ 3-5)


ゲバラ日記


ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)


ニュートラル(10) NEUTRAL 美しき十字路、中米カリブ


オーパ! (集英社文庫 122-A)


coyote(コヨーテ)No.8 特集・沢木耕太郎「深夜特急ノート」旅がはじまる時


アジア旅人


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)


加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)


スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ


トレインスポッティング 特別編


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ


リトル・ミス・サンシャイン [DVD]


パルプ・フィクション


ディナーラッシュ


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Original Sounds of the Zion


STARS


Good Times


Sing A Song...Lighter!


Pieces


HEART STATION

ブログパーツ

www.flickr.com
Row_Hikata's items Go to Row_Hikata's photostream

記事ランキング

以前の記事

2016年 04月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

検索

画像一覧