<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

人生行路



『まわり道するのも人生』


e0057760_2228176.jpg


これは、ある作家の言葉だ。

アスファルトで舗装された現代的な道を歩く事もあれば、砂利道で舗装も何も
されてない忘れ去られたような道を歩くのも良いんじゃないか。

人生と道は似ているとはよく言ったものだ。

行く先々の道で困難や障害があって無理して進むのも良いが、
まわり道をして進んで行っても良いのである。
e0057760_22451065.jpg



色んな道を歩いてみましょう。

その方が楽しいはず。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-29 22:49 | 日々のできごと | Trackback | Comments(8)

記憶の旅 ~悲しき遊具たち~

小さい頃の写真は神社をバックにして撮ったものが多かった。

実家の隣は神社で、僕達は親しみを込めて『お宮さん』と呼んでいた。

ここは公園ともある意味併用していて、滑り台やブランコ等の遊具も兼ね備えており
子供の遊び場でもあった。

もちろん今と違って遊具は整備なんてされておらず、錆びてたりネジやビスなどが
外れまくっていたが、みんなは注意ながら遊んでいた。
実際誰も怪我をしたとか聞いた事は無かった。
e0057760_1134858.jpg


いつからだろうか?

遊具が危ないからと言って撤去されだしたのは?
子供の注意力が散漫になってしまったのはなぜなのか?
過保護にし過ぎているのだろうか?
今の親達も昔はそう言う経験をして大人になったのに、自分の子供には
させないのは何故なのだろうか?

子供のいない僕が言える立場では無いのかもしれないが…
e0057760_11344426.jpg



昔の半分以下の数になってしまった遊具達は、あまり遊ばれてる雰囲気も無く
どこか寂しげだった。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-25 11:45 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)

記憶の旅 ~土曜日の味噌ラーメン~

日本がまだ昭和だった頃、全国の小学校は土曜日まで学校があった。
でも半日だけの、3時間目までで授業が終了していた。

週休二日制なんてまだ無かった時代の話である。

休日でもなく、6時間目までないこの日は僕達にとって楽しみで
仕方が無い日だった。
集団下校と言うのが少しうっとうしかったが、大体12時には家に帰り
テレビを見ながら家族揃って昼飯を食べた。

時々ではあるが、母が土曜日も仕事があっていない時があった。

その時はよく父が近くのラーメン屋まで車でさっと連れて行ってくれた。
パチンコに隣接して、いつも昼の時間は込んでいる活気のある店だった。

そこではいつも父と同じの味噌ラーメンを頼んで食べた。
外食なんてほとんど無かった僕にとっては650円のラーメンはとても
美味しく、そして贅沢に思えていた。
e0057760_8375658.jpg


思い出の味の味噌ラーメンは年を取った僕のお腹の中へ入って行った。
少し苦い味のキリンラガーも一緒に。


ふと思った


将来、僕にも子供が出来たらここに連れて来るだろうか?


その答えは誰も知らない。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-23 08:46 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)

記憶の旅 ~カワラナイ空~

7ヶ月前、僕はタイ南部の街ハジャイにいた。
その時に幼馴染のNちゃん(男)から一通のメールが届いた。

「結婚するの事にしました」

時は経ち、京都。

晴れた秋空の下、式は行われた。
良い結婚式だった。
みんな幸せな顔をしていた。

僕は町内のみんなで遊んでいた頃を思い出していた。
夕暮れになって、暗くなるまで外で遊んだりファミコンをして遊んでいた。

時は過ぎる。
e0057760_21281325.jpg


空はあの頃のままだ。

しかし、僕らは大人になった。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-21 21:45 | 日々のできごと | Trackback | Comments(6)

そして日本へ、しかし…

帰国するエアインディアの航空券の日付は11月10日0時40分だった。

僕は乗り遅れたら困るので早めにバンコクのドンムァン空港へ猛スピードの
エアポートバスに揺られながら向かった。

タイムテーブルを見るとまだ乗るはずの便が出ていない。
早く来過ぎたのでしばらくファーストフード店へ入り時間を潰した。

しばらくして見に行くとまだ出ていない。
チェックインカウンターもエアインディアは全くカウンターに誰も来ない。
おかしいな、と思いインフォメーションに聞きに行く。

すると対応をした小太りの女性は首をかしげながら、
今夜はエアインディアのフライト予定は無い、と言うではないか。

そんなはずは無い!よく調べてくれ!
と言うが飛ばないものは飛ばないとあしらわれ一人立ち尽くす。

そう言えばいつもエアインディアの飛ぶ日は金の無さそうなバックパッカー風の
日本人が多数いるはずなのに誰もいない、団体客の日本人ばかりである

このまま空港にいても仕方ないので、再びカオサンに向かうエアポートバスに
乗り込む。

バスの中で僕は、なぜ?なんで?どうして?なんかした俺?と
考えに考えたが原因がわからない。

翌日、カオサンでリコンファームをしてくれた日本人スタッフがいるショップに
行って全ての謎が解けた。

航空券の日付は 11月10日0時40分
本当なら11月9日の夜中に行くべき所を、僕は勘違いをして11月10日の夜中に
空港へ行っていたのだ。

24時間遅れでやってきた愚か者である。
遅れたらマズイ、と言って早めにバスに乗った時はすでに遅かったのだ。
格好悪い事この上無い。

チケットは45日OPENの期限の日まで2日残っていたので、ギリギリで変更を
できたから良かったものの、もしかしたら成田までのチケットを買い直すハメに
なる所だった。


2日後、飛行機はバンコクの地をトラブルも無く飛び立った。


やれやれ
e0057760_2205082.jpg




帰ったら近所の銭湯の湯にでも浸かろう。



                               
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-14 22:18 | ネパールの旅 | Trackback | Comments(6)

帰るべき時

暑さで目が避けた僕は、早い時間にスコータイ遺跡へ出かけた。

遺跡はガイドブックに書いてある通り遺跡は多数ある様だ。
e0057760_046366.jpg

e0057760_0463888.jpg


正直な感想で、アユタヤ遺跡と似ていると思った。

日本人らしき人も数人見かけるが。バンコクから近いアユタヤとは違い
全体的に観光客は少なめに思えた。

e0057760_105960.jpg


何故か心が踊らなかった。

遺跡を見ていて面白いのだが、何かが違う。

どうもアユタヤのコピーを見てる様な気になり、テンションが上がらなかった。

付け加えると、遺跡とかを周るよりも異国の街の中や道を当ても無く
歩いてるの方が好きなだけだったのだ。


バンコクに戻ろう、そして日本へ帰ろう。

僕の旅はもう終わりだ。
e0057760_0543855.jpg




いや、終わりではない、これもまた始まりなのだ。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-12 01:05 | ネパールの旅 | Trackback | Comments(2)

夜風の中を

辺りが暗闇に包まれた頃にバスはスコータイの新バスターミナルに着いた。

バスを降りて、さてどうしようか、と思っているとトゥクトゥクのオヤジが話しかけて
来たので街までの料金の交渉に入った。
結局料金は50バーツと言う安いのか高いのかわからない値段で交渉が済み
乗せてもらう事になったが、このオヤジの風貌がかなり胡散臭い。

夜で辺りは真っ暗だし何かあってからでは遅いので、オヤジをまっすぐ立たせ
手を水平にさせ身体をチェックする。

  僕 「おじさん、拳銃持ってないだろうね?」
オヤジ「がははは、あるかいなそんなもん、好きなだけ調べたらよろしいがな!」

厳重なチェックを終えた僕とオヤジは市街へと向かった。

スコータイのトゥクトゥクは形が面白かった。
日本のリヤカーみたいな物にバイクを付けて走るのだが、バイクで引っ張るのでは
なく押していく形なのだ。
だから視界は良いし、風もそのまま受けられる。

バンコクよりもまだまだ北に位置するスコータイの夜風は涼しく気持ちよかった。

幸い宿はすぐに見つかり、T・Rゲストハウスと言う150バーツでツインベット、
シャワートイレが部屋にあり、さらに清潔と言うかなりハイレベルなゲストハウスだった。

宿のテラスでビールを飲んで幸せな気分になった僕は、寝心地の良いベットの
上で眠りに着いた。

e0057760_9295196.jpg


翌日、溶けるような暑さだったが気合を入れて遺跡へ向かった。
[PR]
by tk-cafe | 2006-09-07 09:35 | ネパールの旅 | Trackback | Comments(6)


旅や日常(酒)


by tk-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
インドシナ半島の旅
ネパールの旅
南インド・マレー半島の旅
チュニジア・サハラへの旅
台湾的小旅
革命の国・キューバ
タイ・パンガン島の日々
南米三ヵ国の旅
アジア
吉祥寺
国内の旅
沖縄・八重山諸島
日々のできごと
石垣島での日々
料理
映画
アウトドア
自転車

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
旅の記憶 - trave...
非天然色東京画
旅とパンのスロウな日々
ゆっくりFrogライフ ...
旅する家職人
ばーさんがじーさんに作る食卓
アジアびと in Sin...
アジアⅩのブログ
kaz-traveltr...
枇杷茶房寫眞帳
安曇野カンポンLIFE 
ひるねやの日々~毎日の暮...
Rio Despacio
旅。 ときどき猫。
day's photo.
A Bell Will ...
旅空日記(写真家・三井昌...
牟礼村から
だまされたっていいんだよ
LOOTONE
気ままに、ちょっと我がま...
GUGU blog
人間について考える人達
台中滞在日記
旅を撮る
h u m m i n ...

最新のコメント

> あづさん ありがと..
by tk-cafe at 01:15
ご無沙汰しております。 ..
by あづ at 00:43
> はせこさん はじめ..
by tk-cafe at 01:01
はじめまして。 い..
by はせこ at 20:21
> maaro358さん..
by tk-cafe at 18:00
はじめまして。 素..
by maaro358 at 08:50
>サミーさん エエ感じ..
by tk-cafe at 15:24
2,3月と休みを小分けし..
by サミー at 16:19
>travel-arra..
by tk-cafe at 22:27
どこかわかりませんが、寒..
by travel-arrange at 20:26

ライフログ


永遠の0 (講談社文庫)


日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ


ベトナム戦記 (朝日文庫)


サイゴンから来た妻と娘


ワイルドサイドを歩け


深夜特急〈1〉香港・マカオ


地球はグラスのふちを回る (新潮文庫)


新日本人に訊け!


勝手に生きろ! (河出文庫 フ 3-5)


ゲバラ日記


ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)


ニュートラル(10) NEUTRAL 美しき十字路、中米カリブ


オーパ! (集英社文庫 122-A)


coyote(コヨーテ)No.8 特集・沢木耕太郎「深夜特急ノート」旅がはじまる時


アジア旅人


加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)


加筆完全版 宣戦布告 下 (講談社文庫)


スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ


トレインスポッティング 特別編


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ


リトル・ミス・サンシャイン [DVD]


パルプ・フィクション


ディナーラッシュ


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


Original Sounds of the Zion


STARS


Good Times


Sing A Song...Lighter!


Pieces


HEART STATION

ブログパーツ

www.flickr.com
Row_Hikata's items Go to Row_Hikata's photostream

記事ランキング

以前の記事

2016年 04月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

検索

画像一覧